発声器官の老化と廃用

声を取り戻すロードマップ

声はなぜ"弱る"のか

お歳を重ねた方の声や
病み上がり後のボイストレーニングでは

どうして声が出しにくくなるのか?

科学的に理解できると対策が立てられます

歳を重ねると声が出しにくくなって...

お歳を重ねた方のお声というと
どのような印象をもたれますか?

しわがれた空気の混ざったような声?
小さな声になって聞き取りづらい声?
・咳払いが増えて痰がからんでいる声?

そのような声が思い浮かぶかもしれませんね。

その一方で
円熟味を重ねた優れた歌手もいらっしゃる。

この差は一体何なのでしょうか?

風邪の病み上がりで声が出なくって...

またその一方で、

インフルエンザやCOVID-19で
喉がヒリヒリと痛んで
歌うことやボイトレはおろか、
日常会話もままならない1週間だった。

ようやく症状が快方に向かい、
さて久し振りにボイトレでもと
声を出してみると

...声が全く思い通りにならない?!

とても困惑しますし
不安になりますよね。

理由を学びましょう

そのような変化や不安に苛まれると、

・とにかくライブまでには声を戻さないと!
・ボイトレをすれば感覚を取り戻せるんだ!
・アンチエイジングはノドにも効くはずだ!

といったように
「とにかく使って治す!」意識に
囚われすぎる事はありませんか?

でも ちょっと待ってください。
弱ったのには理由があるのですから、

理由をまずは知りませんか?

そうすることで
練習を安全に再開する事ができますし、
再発を予防することさえ出来るのです。

どのような方にメリットが?

・50歳以上の生徒を担当している
 ボイストレーナー

・冬の季節にノドを痛めやすい
 シンガー

・幅広い世代の俳優を指導している
 舞台演出家

学べる内容

第1回 声門と呼吸の老化
・老化現象とは何か
・声門では何が変化してゆくのか
・呼吸では何が変化してゆくのか
第2回 老化の対応策
・声門の変化を緩やかにする方法
・肺活量を維持しやすい練習方法
・環境を改善してノドを守る方法
第3回 声門と呼吸の廃用
・廃用とは何か
・廃用の引き金となる身近な事
・必要が無くなる=廃用が始まる
第4回 廃用後の使い始め
・小さな誤用を指導者が見抜く方法
・安全な準備体操の具体的な内容
・全身を見渡してからノドをケアする

セミナー概要

開催日時:21:15〜22:00

第1回:02月07日(火)
第2回:02月14日(火)

第3回:02月21日(火)
第4回:02月28日(火)
※ 講師の都合により、
 やむをえず日程が変更となる場合もございます。

ご受講方法

zoomを利用した
オンラインセミナー
本セミナーは録画をいたしますので、
リアルタイムでのご受講が難しい方も
お手元のスマホ等にて
後日いつでも学んで頂けます

ご受講費

¥8,000- 全4回)

お支払い後のキャンセルおよびご返金は
お承りをいたしておりません

Chum!メンバーは
受講費無料!

Q:えっ無料? Chum!メンバーって何?
A:音楽家の身体のつくりと動きに関する
  Merge Laboのオンラインサロン

  その数あるメリットの中に

  オンラインセミナー全て無料
  があるためです。


Q:今回のセミナーから参加したい!

A:是非Chum!メンバーに
  お申し込みくださいませ。
  本セミナーも
  自動的に無料となります。

<詳しくはこちら>

お支払い方法

◯ クレジットカード
(VISA ,  MASTER , JCB , AMEX , DINERS , DISCOVER)
◯ 銀行振込
◯ Pay Pal

よくあるご質問

Q:すぐに改善しますか
A:廃用や誤用は人それぞれですので、
  今回のセミナーで全てのお困り事を
  解決することは出来ません。


Q:内容は信頼できますか
A:西洋医学の世界で19年間
  理学療法士として勤務いたしました
 

Q:さらに深く学びたい
A:是非 Merge Labo Chum! にご参加を!
  https://mergelabo.com/chum

ご参加お申し込み