なるほど!ザ・イメージワード

従来のイメージワードを120%活用する
身体のリアルワールドの学び

イメージワード = "事実セット"

・お腹から声を豊かに出して!
・ノドを大きく開いて響かせて!
・太い息の柱で音をしっかり支えて!

音楽のレッスンの現場で受け継がれている
数々のイメージワード
それらは"事実の宝箱"だったのです!

感覚は手渡せない

教えておられる先生方におかれましては、

「上手く演奏できているこの "感覚" を
 ぜひ生徒に教えてあげたい!」

と思われることは
数多くあるかと存じます。

そこで、ふと困りませんか?

「どうやって "感覚" を伝えたら良いんだ?」

そうですよね。

自分で感じている "感覚" は、
 ・自分の外に取り出して 生徒に見せる
 ・生徒に自分と全く同様に感じてもらう
 ・100%精密に指導文言に変換する
ことは絶対に不可能なのです。

「でも教えてあげたいんだ!」

感覚→言葉に変換する

そこで、
"感覚" を→「言葉」に変換して
生徒に解りやすく伝えてみようと
いろいろと試行錯誤した結果が
【 イメージワード 】なのです。

つまり、
【 イメージワード 】は
先生の感じた "感覚"そのもの、
生徒にとっては宝物なのです。

先生におかれましては、
試行錯誤を繰り返しながら

何度も何度も練習することによって
"身体の使い方の何か" が変わったために、
これまでの音楽表現から変化が生じて
上手くなったはずです。

けれども "身体の何" を変えたかは解らない
それでも「教えたい!」

だからこそ
・【こんなイメージ】で 発声をすると上手くなった
・【こんなイメージ】で 息をすると楽だった
・【こんなイメージ】で 脱力すると良くなった

といったように
【 イメージワード 】だけでも伝えよう
とお考えになられたのかもしれません。

イメージだけでは不十分

ところが、なのです。

その【 イメージワード 】が
受け継がれてゆく中で、

残念ながら置き去りになるものがあります。

それが "上手くいった根拠" なのです。

"上手くいった根拠" があったからこそ、
先生の演奏は変わったはずなのです。

ということは、

"根拠"をしっかり伝えることで
【 イメージワード 】はさらに活かせる、

そう、理想は
【 イメージワード 】+"根拠"
だったのです。

根拠を感覚にあてはめてみよう

そこで今回、
【 イメージワード 】の "根拠" を、

身体のつくりと動きに一旦変換して
解釈を加えてみようというセミナーにて
一緒に探ってみませんか?

先生方の有り難い【 イメージワード 】を、

老若男女、プロからアマチュアまで
共通して語ることができる
"身体のつくりと動き(=機能解剖学)"に変換し、

より深く理解して活用しよう
という趣旨の朝活セミナーです。

主な対象者

・生徒に幅広く教えてあげたい先生方
・レッスンでの指導をより活用したい生徒の方
・再現性の高い練習を展開したい音楽教室の経営者の方

皆様が手に入れられる事

・イメージワードの【 根拠が探れる 】
・演奏の感覚を生徒と【 共有できる 】
・教えてもらう内容の【 意味が解る 】

学びの目次

3日(火祝)
天井から頭を吊り下げて!
・マリオネットのようにはいきません
・頭を意識すると ◯◯が動き始めます
4日(水祝)
目からビームを出すように!
・"マスケラに声を当てて" とも言われます
・顔を意識させると ◯◯が調節しやすくなる
5日(木祝)
頭のてっぺんから声を飛ばして!
・"ノドの天井に声を当てて" も類似です
・ノドボトケ〜頭のてっぺんを線でつなぐと...
6日(金)
声を後ろから前に回して!
・"うなじに声を当てて”も類似です
・後ろ への意識が ◯◯をコントロール します
10日(火)
ノドを開いて響かせて!
・開く のではなく 引き伸ばされる のです
・引き伸ばされるのは ◯◯が起こった結果です
11日(水)
アゴを無くして!
・アゴの骨は ◯◯をぶら下げています
・いわゆる練習とは180°違う行動が必要です
12日(木)
舌根を下げて溶かして!
・舌根は内臓の一部なので 自分では動かせない
・舌根は声質を変える ◯◯の調節をしています
13日(金)
胸の中を響かせて!
・胸の振動を感じさせる アレです
・胸に手を当てるのは そこに◯◯があるから
17日(火)
お腹の風船をふくらませて!
・息を止めていてもお腹は動かせます
・"膨らめる"と ◯◯が動きやすく なります
18日(水)
上半身をビヤ樽のように保って!
・本来の目的とは違う方向の動きなのですが...
・見た目を保つと ◯◯の速さを制限できます
19日(木)
アクビをしながら歌って!
・一石三鳥くらいの効果の高いイメージです
・優れた演奏家は ブレーキが優れています
20日(金)
太い空気の柱を保って!
・太く出来る場所は限られています
力を抜くことで目的を達成 する好例です
24日(火)
お腹の底で支えて!
・底が無いと底抜けになってしまいますよね
・特定の場所ではなく ◯◯全体の働きです
25日(水) ※08:30〜08:45
お尻の穴を締めて!
・身体の出口で息をコントロールします
・お尻の穴を締めると ◯◯が引かれます
26日(木)
重心を落として!
・重心は何かの位置を変えない限り不変です
両足の筋肉が ◯◯の動きを手助けします
27日(金)
内またに力を入れて!
・足の筋肉って 骨盤の中を通り抜けるんです
お腹の使い方は ◯◯を動かす変わります

セミナー概要

開催期間

2022年5月3日(火祝)〜5月27日(金)
全16回

開催曜日

火曜日〜金曜日
毎朝 09:00〜09:15
15分間のショートセミナーです

ご受講方法

zoomを利用した
オンライン朝活セミナー

録画アーカイブを残しますので、
お昼休み電車での移動時間 等に
スマホにてお気軽に学んでくださいませ!

ご参加費

¥8,000- (税込み)
(全16回)

キャンセルポリシー

お支払い後のキャンセルおよびご返金は
お承りをいたしておりません

お支払い方法

◯ クレジットカード
 (VISA ,  MASTER , JCB , AMEX , DINERS , DISCOVER)
◯ 銀行振込
◯ Pay Pal

ご参加お申込み

よくあるご質問

Q:内容の質は大丈夫か
A:元医療従事者ですのでご信頼ください

Q:イメージワードを否定するのか
A:否定するものではなく より活用しやすくなります

Q:何のメソッドが中心か
A:各種メソッドやテクニークから独立しています

Q:さらに深く学びたい
A:今後 別枠にて学んで頂けます